一氾文学会

学会誌『氾文』

査読つき学術誌、およそ年一回の発行です。

毎号、「色」ないしそれに準ずるものの名称で特集を組みます。創刊号の特集は「銀」です。第2号の特集は「黄」もしくは「青」を予定しています。投稿については規定をご参照ください。

『氾文』ではPDFを使用していないため、ノンブルを持ちません。各記事からの引用のしかたについては、このページ下部にガイドラインを記載してありますので、ご参照ください。

『氾文』創刊号 (2019/4/22 掲載)

特集 銀
銀世界
氾文編集委員会+α
解題

一氾文学会学会誌『氾文』の一翼を担う特集では、毎号特定の色をテーマに記事を作成する。その一環として、有志を募り共同執筆を試みる次第である(当学会の裏会是は「とりあえずやってみる、ヤるなら徹底的にヤる」である)。Web上の共有ドライブに文書ファイルを上げておき、書きたい人が書きたいときに適宜書き添え書き継ぎ書き足し、削っては補い、彩を整え、換骨奪胎、いつしか誰がどこを書いたとも知れぬ怪文書が形になった。
とはいえ文には書き手の呼吸が自ずとにじむ。荒いのもいれば細やかなのもいれば、息してないようなのもいる。気息の乱気流にのみこまれぬよう、まずは己を捨ててみよ。オムニするは我等にあり。書けばたちまち無二なり。読むもすなわち大いに無二なり。よらば諸共オムニなり。おもねるな、オムニろ。

明代茶書の銀器について
張茹涵
自由投稿論文
Cop Haterにおける「革命」の成立とその発展可能性について
阿部修登
銀色に輝く団地から開かれる「回路」
田村優依

『氾文』引用ガイドライン