一氾文学会

第2回年次大会 + 総会記録

第1回(2017年度)報告はこちら

2018年9月8日15:00より一氾文学会第二回総会が開催されました。会計報告・活動報告および委員の改選を行い、今後の活動方針について意見交換等を行いました。

*氏名右横に*印のある者は会員です。

第1日
14:30 開会の辞
15:00 - 17:30 テクスト発表(分科会)1
  • 中澤玄* 「地形図を読む」
  • 魚返真央* 「The Collector(1963)論」
  • 班未未* 「日本ロボットアニメーションをめぐる玩具の情報文化論――てのひらに踊る「人間像」」
<夕食>
19:00 - 21:30 テクスト発表(分科会) 2
  • 木内太郎* 「風景について(朦朧篇)」
  • 石附鈴之介* 「童貞文化論・現代文芸篇(各論1)――バブル期童貞:村上龍『69』に童貞リバイバル期の萌芽を見る」
  • 山本健太郎* 「決定論について」
  • 後藤慧* 「『マルメロの陽光』の編集形式について」
第2日
<朝食>
9:00 - 11:30 テクスト発表(全体会) 1
  • 渡邊弘喜* 「プログラミング言語における「自然言語らしさ」について(結論部)」
<昼食~休憩>
15:00 - 16:00 一氾文学会総会
16:00 - 17:20 口頭発表(全体会)
  • 井上雄太* 「会話に現れる架空の物品に対する認識の共有――TRPGにおける参与者の発話と行動に着目して」
<夕食>
18:30 -  パネル発表(全体会)
  • 長田祥一* 「鐘の音と音楽について」
  • 浦野歩* 「黒という色が二次元的媒体に描かれた建物空間にもたらす、見えの質について」
  • 下山田周平* 「ガンマイクと黙示録のラッパ――『マルメロの陽光』のある一場面を考える」

コメンテーター:安原真広*/谷口公宣*/富重聡子*

第3日
<朝食>
11:00 - 12:00 機関紙『半文』編集委員会など
<昼食>
13:00 - 15:00 テクスト発表(全体会) 2
  • 阿部修登* 「悪党研究合宿モード 「分業」と「綜合」」
15:30 閉会の辞